Outdoor Goods

キャンプの基本的な持ち物

小学校から中学までボーイスカウトでキャンプシーズンは月に2~3度はしていました。
その大半は子供同士でのキャンプでして、土曜日の半ドンでは学校帰りに「これからキャンプ行こうか?」との言葉でリックザックに道具を入れて自転車でキャンプに行っていました。
その頃は持っていくものはテントと寝袋、ポンチョ、ハンゴウ、お米と缶詰、懐中電灯とキャンドルそしてラジオくらいなものでした。
調理の火は木を拾い焚き火でした。
夏休みの3日以上のキャンプでは木を拾い「かまど」を作った事もありますが、その頃は深夜に聞くラジオが楽しみだったのかも知れません。

大学時代は自転車に小型のテントとシェラフ、ポンチョ、ハンゴウ、お米に缶詰、シングルバーナーでした小学校の頃との違いと言えばテントが小型になり、シェラフが保温性が高いマミー形になり、コールマンのバーナーを買った位です。
社会人になりオートキャンプになり、物はトランクいっぱいになるほど増えましたが、キャンプは手軽にいけるものです。
ここでは持って行く物をチェックして下さい。

テント ○

1人用から10人以上用のものがあります。
テントは1人用75㎝を目安としていますが120㎝で2人用のテントもあるます、シェラフの大きさを考えるとかなり狭いです。設備が整ったキャンプ場以外で、山など狭いところでのキャンプには適していますが、オートキャンプをメインの方には大きめのテントをおすすめします。
ちなみに私は8人用で大人4人と荷物を入れて適した大きさかなと感じています。

LinkIconテント比較はこちら

シェラフ ○

大まかに2つに分かれています。マミー型と封筒型があり、マミー型は保温性に優れ封筒型は寝心地に優れています。
マミー型は体にフィットした形で山間部や冬キャンプに適しています。また、小さく収納できるのも特徴です。
封筒型はメーカーによっては1枚に広げ掛け布団や敷布団に使え利便性もあります。

バーナー ○

燃料の違いで2つに分かれます。ガス式とガソリン式です。またシングルとツインに分かれます。
ガス式とガソリン式の違い
ガスはカセットコンロの延長の様なもので気軽に使えますが気圧や温度に影響しやすいです。但し一般的な春から秋のオートキャンプではさほど問題は無いでしょう。
ガソリン式はポンピング、プレートヒートという作業が必要になります。
家族でのキャンプで直ぐにお湯やクッキングがしたいのであれば、ガス式でしょうね、ガソリン式の場合はポンピング、プレートヒートに時間が掛かりますが、プレートヒートしている時間が楽しいという方もいます。私もその1人です。
景色を眺めながら、あえて時間を贅沢に使っている感じが好きです。
シングルとツインは人数によりますが、ツインは車のトランクスペースもチェックしておいた方が良いでしょう。

クーラーボックス ○

ソフトとハードタイプがあります。もちろんソフトの方が軽くて持ち運びは便利ですが保温性は落ちます。またキャリー付の物もありますので、キャンプに行く人数と車のトランクルームの大きさで選んで下さい。
私はハードとソフトの2種類を持って行きます。ハードには翌日の食材生ものを入れ、ソフトはその日に使う食材ケースとして使っています。
星空を眺めながらマグカップにロックアイスをいっぱい入れてシングルモルトウイスキーを飲むのが最高の幸せと感じていますので、ロックアイスは必需品です。

コッフェル・クッカー

素材ではアルミ、ステンレス、チタンなどあり、大きさセット内容も違うので、まずは1人、2人、グループ、ファミリーなのかメインをどこにするかで違ってきます。
1人様クッカーを持った人が4人集まっても3合、4合のご飯は一つのクッカーでは炊けないという事です。
また、バーナーのケースがコッフェルになったものもありますので、荷物を少なくしたい方には便利です。

ランタン

ランタンもバーナー同様、ガス式とガソリン式、明るさでシングルマントルと2マントルがあります。
また電池式ランタンやローソクを使ったものもあります。
私はタープから外れた所で2マントルのランタンを使い、テーブルの上はローソクや電池式ランタンを使います。2マントルは虫寄せにしています。
キャンドルホルダーを使っているのは雰囲気のみですね。

テーブル・椅子

テーブルは大きさや高さ調整のできるものなどありますので、これも人数や車のトランクの大きさでチョイスして下さい。
椅子は一人用の他、ベンチになるタイプもあります。

懐中電灯

食器・包丁・まな板・箸・スプーン

食器は手軽な使い捨てもありますが、キャンプの基本はゴミを出さない、持ち帰るですから、皿やカップも付いたものが便利でしょう。
包丁はご自宅のもので十分ですがアウトドアー用のケース付きやまな板とセットの物も便利です。
箸・スプーンもご自宅の物で十分です。私はコンパクトに収納できるチタン製の箸、スプーン、フォークを使用しています。


東京にだって自然はいっぱいある!

東京のキャンプ場 一覧はLinkIconこちら

社団法人 日本キャンプ協会